【結婚するって事は、自分の一番だらしないところを・・・】

お見合い後、交際に入って2ヶ月ほど経った頃、
彼女が神妙な面持ちで事務所にやってきて、
 
「先生、結婚するって事は、
 自分の一番だらしない部分や困った部分をさらけ出すって事ですよね。」
 
「まぁ~、そう言われれば確かにそうだけど。
 なんで急にそう思ったわけ?」
 
「今、交際中の彼、とっても優しくて、大事にしてくれて
 私の事、スゴク気に入って下さってるって感じなんです。」
 
「それは、嬉しい事じゃないのかな。」
 
「もちろん、嬉しいんですけど、彼、私を理想化してるみたいで・・・」
 
彼女は、今宮戎の元福娘の30才、
美人でステキな笑顔、モデル並みにスタイルも良く、
仕草や話し方もとっても可愛らしいお嬢さんです。
 
でも、素の彼女は、思いっきり大阪の女の子なんです。
彼女曰く、
 
「私、普段は化粧なんてしないし、スカートも穿かないし
 服だって、家では夏は短パンにTシャツ、冬はスウェットだし、
 近所のコンビニへは、その恰好のまま、スリッパ履いて行くし、
 近所の小学生の男の子とはキャッチボールしてるし、
 テレビ見て、大声で手を叩きながら笑うし、突っ込むし、
 ・・・(中略)・・・、
 とにかく、彼が思ってるような、女らしさとか無いんです」
 
「そうだよね。 ということは、デートの時は結構頑張ってるんだ」
 
「はい、ちゃんと化粧してスカート穿いて、女の子らしくしてるんですけど・・・」
 
まぁ~早い話が、
素の自分がバレたら嫌われてしまうのではないかと心配なんですね。
 
「一生、猫をかぶリ通すか、
 交際中に少しずつ素の自分をだしていくか・・だね。
 でも、結婚してから、コロッと変わるという方法もあるよ。」
 
・・・と笑いながら答えると、
 
「結婚してからコロッと変わったら、離婚されちゃうんじゃないですか。」
 
「そんな事ないよ。 こんなハズじゃなかったって、会社の同僚にグチるだけ。」
 
「そんなもんでしょうか?」
 
「そんなもんだよ。 
 彼の様子を見ながら少しずつ小出しにしていけばOK! 
 そのうち彼も慣れちゃうから。」
 
ただ、彼女の場合は、
ちょっとギャップが大きすぎて、彼は可哀そうですが・・・
 
まぁ~、彼女ほどギャップが大きくなくても
 
「素の自分を出せそうな相手かどうか」
 
・・・というのは、結婚相手の大きな条件の一つです。
  
「こんなハズじゃなかったのに」
 
・・・と、呆れながらも、そのまま受け入れてくれる相手かどうか。。
 
素の自分、地を出しても、
少々だらしなくても、困ったちゃんでも、
笑ってすませてくれる「気楽な男性」が良いのです。
 
逆に男性は、
素のままの彼女を受け入れてあげる「心の広さ」が必要です。 (~_~;)
  
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!
毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇