【30代、年収600万、貯蓄1000万円?】

先日、ご相談に来られた36歳の女性に希望条件をお尋ねしたところ
 
「30代、年収は600万円以上、貯金額は最低1000万円はある人を探してます。」
 
「30代の男性で、年収600万以上、貯金1000万円以上・・・?!」
 
「はい、本当は貯金は1500万円くらいは欲しいんですが、
 この不景気を考えると、このあたりで妥協することも必要かなと思って・・・」
 
「な・・・なるほど・・・」
 
正直、目が点になってしまいました。
 
まず、年収から言いますと、
2010年の総務省データでは、独身男性で年収600万を超えるのは、わずか2.5%。
年収400万以上でも約20%しかいないのが現実なのです。
ですから、30代であれば年収400万円以上であれば良い方です。
 
貯蓄額に関しても、2012年の金融庁データでは、
30代独身男性で「貯蓄があると回答した人」の平均貯蓄額は732万円です。
一番人数が多い層、ボリュームゾーンをあらわす中央値350万円なのです。
なんと!中央値は平均値の半分以下なのです。
(極端に年収が多い人たちがいるということです)
 
つまり、
30代独身男性の貯蓄は350万円が普通、500万円あれば結構多いのです。
 
ちなみに、この数値は30代独身男性で「貯蓄があると回答した人」の統計値で、
「貯蓄がないと回答した人」は計算に含まれていません。
 
この年の金融庁のデータで、
 
「貯蓄がない」・・・と回答した30代独身男性は約30%でした。
 
そして、「貯蓄がない」と回答した男性を含めて計算すると、
平均貯蓄額は499万円、中央値は150万円です。
 
こういう実態を考えると、
 
「30代の方で年収600万以上、貯蓄額も最低1000万円以上の人」
 
・・・をクリアする独身男性は極めて少ないことが想像できます。
 
それに、その条件を満たす男性が、彼女を選んでくれる保証もありません
 
結婚を考える時、
ある程度の収入、貯蓄が必要であることは間違ありませんが
単純に考えて、
大学卒業から15年間、月5万円ずつコツコツ貯金しても720万円です。
実家暮らしならともかく、1人暮らしなら月5万円はハードルの高い数字です。
貯金額が500万円もあれば立派なものです。。
 
ちなみに、
40代独身男性で「貯蓄があると回答した人」の貯蓄額は、
平均値は989万円、中央値は560万円でした。
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!

毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇