【私、肩の荷が下りました!】

日曜日の夕方、
女性会員のSさんが、素敵なドレス姿で駆け込んできたんです。
 
Sさん 「先生! こんにちは!」
 
私   「ほぉ~、どうしたの? すごく綺麗やん」
 
Sさん 「えへへぇ~ 今、大学時代の友達の披露宴に行って来た帰りなんです。」
 
私   「なるほど!  写真撮ろう、写真! きっと申込み増えるよ!」
 
Sさん 「いや、でも、それより、先生! 聞いて下さい!」
 
私   「なに?!」
 
Sさん 「私、今日、披露宴に行って、肩の荷が下りたんです!」
 
私   「へっ? 肩の荷が下りた??」
  
興奮気味の彼女を落ち着かせながら話を聞くと、
 
「私達4人、大学時代からの親友で、
 社会人になってからも、よく飲みに行ったりしてたんですけど、
 結婚するんだったらこんな人って、条件とかルックスとか語り合ってたんです。」
 
「まぁ~、よくある話だね。」
 
「はい。 だから、今日、披露宴で彼氏を見るまでは、
 きっとステキな男性なんだろうなぁ~って思ってたんですけど」
 
「全然違ったんだ!」
 
「はい、『へっ?』って感じでした。
 彼女がいつも話していた理想とは随分かけ離れてて・・・
 大学も普通の大学だし、身長も165~6cmくらい、ぽっちゃり体系だし
 人柄が良さそうで優しい雰囲気の男性だけど、お世辞にもイケメンじゃないし・・・。
 でも、彼女は、とっても幸せそうに泣いてんです。」
 
「そうなんだ」
 
「でね、先生! 私、決めたんです!
 素直に自分のイメージ通りの雰囲気の人で、人柄を中心に選んでいこう・・・って!」
 
「なるほど、お友達のパートナーを見て、肩の荷が下りたわけなんだ。」
 
「だって、皆の話を聞いてたら、すごく理想が高いし
 無意識に負けられないというか・・・やっぱり、見栄はってたみたい。」
 
半年後、Sさんは、イケメンではないけれど、とても優しい彼と婚約しました。
 
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!

毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇