【男女の「一目惚れ率」の違いは?】

早稲田大学で「恋愛学入門」という講座を開講している森川友義教授が
異性に対する「第一印象」について下記のような調査を行ないました。
 

被験者の男女達を街中に立ってもらい、
そこを歩いている異性のルックスについて、
各被験者がそれぞれの「好み」⇒「ストライクゾーン」を基準にして、
 

 (1) ボール (好みのタイプではない)
 (2) ストライク (好みのタイプ)
 (3) ど真ん中 (思いっきり好みのタイプ、一目惚れ級の好みのタイプ) 
 

・・・の3段階に瞬間的に分類してもらったのです。
 

その結果!
 

男性の被験者が、通行する女性をパッと見て
「ストライク」と判断した女性の割合は、約10人に1人、
「ど真ん中 ⇒ ひと目惚れ」と判断した女性の割合は、100人に1人程度でした。
 

試しに森川教授自身が実験しても同じくらいの確立だったとか・・・(*^。^*)
 

一方、女性の被験者が通行する男性をパッと見て、
「ストライク」と判断した男性の割合は、100人に1人程度、
「ど真ん中 ⇒ ひと目惚れ」と判断した男性の割合は、1000人に1人以下でした。
 

この調査結果から、
単純計算ですが、女性のストライクゾーンは男性の十分の一であることが分ります。
 

女性のルックスに関するストライクゾーンはとても狭いため
ルックスにこだわる女性は婚活が長引く傾向があるのです。
 

「条件が揃っていて、ルックスが1/100のストライクゾーンに入る」
 

そういう男性は、それこそ何百人に1人ということになってしまうでしょうし、
その彼が、その女性を選んでくれる保証はありませんから・・・。
 

結婚相手にルックスを重視する女性の皆さん、
少しで良いですからストライクゾーンを広げてみては如何でしょうか?
 

ルックスは、あなたの好み、趣向の問題であって
実は、幸せな結婚生活をおくるための必要条件ではありません。
 

好みのルックス ⇒ これまでの恋愛対象のルックスを少し広げるだけで、
恋愛ではなく結婚するのに適当な相手がいるかもしれませんよ。
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

最新の婚活情報、成功ポイントは下行をクリック!

毎週更新 ⇒ Facebook 【婚活成功のポイント】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇